読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛なんて魔法みたいなもの

ずっとわたしの光でいてね、

阿部顕嵐くんのあれこれ。@Jr祭り

3月24日Jr祭り@横浜アリーナに参戦した。ドキドキしてワクワクしてだいすきな初日。セトリを知らないコンサートなんて久しぶり。気持ち悪くなるぐらい楽しみにして開演を待った。

そこで目にしたのは、眩い金髪。もうこれでもかというほどキラキラして美しくてかっこよくて銀河美少年でしかない阿部顕嵐くんだった。こわい。銀河美少年こわい。金髪のひとが誰だか一瞬分からなくてパニック起こした。周りが黒髪と茶髪が多かったからすごい見つけやすかったなあ。たまに佐久間くんと見間違えたけど(笑)

ドキドキしながらコンサートは進んでいく。暗転したセンターステージでバンドの準備がされていくのを見て、少し期待した。もしかしたら、可能性は低いけれどあの曲をやってくれるかもしれないってそわそわしながらステージに光が当たるのを待っていた。

そして、本当にその夢が叶った。イントロがかかった瞬間、思わず膝から崩れ落ちてしゃがみ込んだ。信じられなかった。頭が真っ白になった。思わずびゃーびゃー泣きながらぼやけた視界の中でバンドの中央に堂々と立つ顕嵐くんを目に焼き付けた。あぁ、わたしは顕嵐くんのこの姿を見る為に今まで頑張ってきたんだなあって思えるぐらい嬉しくて嬉しくてあの頃の色んなことを思い出して、涙が止まらなかった。両手でマイクを握りしめて天を見上げてNO WAY OUTを歌う金髪の彼はまさしくSHARK2の有翔様だったし阿部顕嵐だった。ずっとずっと音源化を待っていて諦めた頃にやってくれるなんてずるいよ、また諦めきれない気持ちになったよ。

どんどんコンサートは続いていく。たまに関ジュもやってた曲もあって、その度に頭の端っこでまいジャニのあの小さいステージの上で関ジュがぎゅうぎゅう詰めになりながら踊ってる映像とか、まだJrだった頃の重岡くんがin 大阪で踊ってる映像が流れてきて不思議な気持ちになった。

すとすののコラボが終わって、横浜アリーナのモニターには「Travis Japan × Love Tune」の文字が映る。正直、めちゃくちゃ怖かった。1番やって欲しいけどやって欲しくないコラボだと思ってた。evolutionが始まって、顕嵐くんのラップ(ちょっと舌っ足らずで可愛い)を聴きながらどんな気持ちで見ればいいのか分からなくて。TravisJapanにいる阿部顕嵐を好きになったのにいま目の前にいるのはLoveTuneの阿部顕嵐だし。しかもTravisJapanがっつり踊ってるのに顕嵐くんは勿論踊ってないし。なんだかなあ〜って思ってたら、突然、聴いたことあるフレーズが耳に飛び込んできて。「あなたが欲しい」って、もう聴こえた瞬間に脳内でパーンッてスパークして、また泣きました。あの瞬間だけは横浜アリーナじゃなくて青山劇場だったし、PLAYZONE開幕してた。ほんとに嬉しかった。しかもトラジャが踊ってる反対側で顕嵐くんも踊ってるんです。もう何が何だかわかんなくて苦しくて嬉しくて感情が複雑すぎた。ただの情緒不安定。わたしの見たかった景色はここにあるけど、こんな形で実現して欲しかったわけじゃない。そんなことを考えていました。

でも、次の曲で全部解決したんです。やばくないですか?(笑)自分の見たかったもの全部見せてもらえた。ほんとにほんとに嬉しくて顕嵐くんの生きる時代に生まれてよかったなって思った。

Fantastic Rideを踊ってる顕嵐くんを見れるっだけでも飛び跳ねてたのに、あらちかのパートがあるとかもう、幸せすぎて死ぬんじゃないかと思った。ほんっっっっっっっとに天才だった。顔を見合わせてにこにこ笑いあってるあらちかを見たら、これまでのことなんてどうでもよくなっちゃって(笑)顕嵐くんがTravisJapanじゃなくてLoveTuneでもどこにいても顕嵐くんが楽しそうならそれはそれでいいのかもなあと思いました。オタクなんてちょろいもんだぜ、好きなアイドルがキラキラニコニコしてたらそれで全てを許せるんだから。

そんなこんなでとってもとっても楽しいコンサートでした!時間があればキンプリの話もたまアリの話もしたいな〜。